IMG_2553
IMG_2554
※鳥取駅 3・4番のりばの発車標。(2023年7月撮影)

鳥取駅の発車標で、普通列車の表示といえば、これまで 種別欄に緑色で 「普通」 と表示されるだけ(列車名欄は表示なし)という、何の変哲もないものでした。

しかし、2024年4月に再び鳥取駅を訪れると、普通列車の表示が大きく様変わりしていたのです。

このブログで紹介しておきたいと思います。



広告


IMG_6607
IMG_6608
まずは、3・4番のりばに設置されている発車標から。

下の段に普通 倉吉行きの表示が出ていますが、冒頭の写真と全然違うのが分かります。


種別表示は、「普通」 の色が緑からオレンジに変化しました。

JR西日本管内で 普通列車をオレンジ色で表示するのは、この駅が初めてではないでしょうか?

個人的に、普通=緑色、快速=オレンジ色の印象が強いので、とても違和感があります。


また、列車名欄に 乗車位置と両数が表示されるようになりました。

JR西日本の在来線では、京阪神地区や岡山・広島地区で 発車標に乗車位置を表示する駅が多いですが、列車名欄に 乗車位置と両数を両方表示するのは、おそらくこの駅が初めてでしょう。


IMG_6612-1
3番のりばに停車中の普通 倉吉行きを撮影。

2両編成のキハ126形気動車(2ドア車)です。


先ほどの写真では、乗車位置表示が 「□3~4」 でした。

キハ126形の乗車位置は、□印となっています。


IMG_6624
IMG_6626
中2階通路にある発車標です。

こちらも、普通列車の色がオレンジに変わっています。

JR西日本の場合、基本的に 改札口や改札内コンコースの発車標は 乗車位置が表示されませんが、この駅ではホームと同様、乗車位置と両数が両方表示されていました。


IMG_6634
IMG_6636
1・2番のりば側の発車標も撮影。

普通 豊岡行きの乗車位置は、「○3~4」 となっています。


IMG_6658
IMG_6660
続いて、改札口に設置されている発車標を見ていきましょう。

こちらは、山陰線 浜坂・城崎温泉方面の発車標です。

○印と□印の乗車位置が両方表示されています。


下の段の普通 浜坂行きは1両での運行です。

乗車位置表示の数字は、2両以上だと半角ですが、1両だと全角になります。


IMG_6665
IMG_6667
こちらは、山陰線 倉吉・米子方面の発車標です。


IMG_6685
IMG_6687
ついでに、因美線の発車標を撮影。

下の段に、特急スーパーはくと 「大阪行き」 が表示されています。

特急スーパーはくとは、2024年3月16日のダイヤ改正から、大半の列車が大阪~京都駅間で運転取り止めとなりました。

京都駅発着の列車は、京都発が朝の2本、京都行きが夕方以降の2本のみとなっています。


IMG_6701
IMG_6699
1・2番のりばの発車標を撮影。


IMG_6726
1番のりばに停車中の普通 豊岡行きを後ろから撮影。

2両編成のキハ47形気動車です。

こちらも2ドア車ですが、ドアの位置がキハ126形と異なるのか、乗車位置表示が○印になっていました。


IMG_6720
IMG_6729
1番のりばの足元にある、□印・○印の乗車位置ステッカーを撮影。

□印の乗車位置は、文字が太いです。


IMG_6734-1
今度は、前から車両を撮影。

この列車に乗って、豊岡駅へ向かいました。


以上、鳥取駅に設置されている発車標の変化について書きました。


広告